ブログ

読まれる記事の書き方、3つのポイント

悩んでる人
悩んでる人
読者に読んでもらえるような記事の書き方が知りたい

 

こんな悩みを解決します。

 

この記事を書いている僕は、ブログで200万稼ぎました。

そんな僕が、読まれる記事の書き方を解説します。

読まれる記事のポイント3つ

 

読まれる記事のポイントは以下の3つです。

 

読まれる記事のポイント

①:適度に改行をいれる

②:見出しごとに画像を入れる

③:誰か1人に向けて書く

 

それぞれ解説していきます。

 

①:適度に改行をいれる

改行をいれることで、一気に文章が読みやすくなります。

読者はぎっしり文字がつまっていたら、その時点で読む気を失くして、ページを閉じてしまいます。

 

それに、今はスマホでブログを読む人が多いので、改行がないと文章が読みずらくなってしまいます。

なので、適度に改行を入れることを意識しましょう。

 

改行のタイミングは、いろいろな人のブログを読むことで、なんとなくつかめてきますが、分からなければ、「。」を打ったら改行する、くらいでいいと思います。

 

②:見出しごとに画像を入れる

僕の記事をいくつか読んでいれば分かるかもしれませんが、見出しごとに画像を入れると記事が読みやすくなります。

文章だらけだと、どうしても読者は飽きてしまうので、雑誌のように適度に画像を入れると、記事が読みやすくなるのです。

 

それに、画像を入れるとスクロールする時間が伸びて、ブログの滞在時間が長くなり、結果的にアクセスアップにつながるという効果もあります。

見出しごとに画像を入れることを意識してみてください。

 

ちなみにオススメのフリー素材ダウンロードサイトは、pixabayというサイトです。

僕は基本ここの画像しか使ってません。

全て無料なのでオススメです。

 

③:誰か1人に向けて書く

これは意外と意識していない場合が多いのではないでしょうか?

ブログは不特定多数の人が読むことができますが、記事を読んでいるのは1人の人間です。

複数人で同じブログを読むことは滅多にないでしょう。

 

なので、なるべく特定の1人に向けて記事を書いてください。

 

ポイントとしては、「○○な人」とか、「他にいませんか?」みたいな、複数人に対して使う言葉を使わないことです。

「あなた」のように、一人に対して使う言葉を使うようにしましょう。

まとめ

 

読まれる記事の書き方3つのポイント、いかがでしたか?

この3つを意識するだけで、かなり読まれる記事になりますので、ぜひ意識しながら記事を書いてみてください。

 

最後にもう一度3つのポイントを載せておきます。

 

読まれる記事のポイント

①:適度に改行をいれる

②:見出しごとに画像を入れる

③:誰か1人に向けて書く

 

今回は以上です。