ネットビジネスで稼いでいる人の仕組みを解説

ネットビジネスで稼いでいる人が、一体どんな仕組みで

稼いでいるのか気になりませんか?

 

実は、ネットビジネスで稼いでいる人って、それぞれコンテンツは違っても、

根本的な仕組みは同じなんですね。

 

一番重要なのは、顧客、あるいはファンをリスト化していることです。

どういうことか解説していきます。

 

江戸時代からある顧客リストとは?

 

顧客リストとは、お客さんの情報をリスト化したものです。

例えば、名前やメールアドレス、住所、電話番号などを

リスト(データ)化したものを顧客リストと言います。

 

最近ではLINEなどの連絡先もこの顧客リストになります。

 

実はこの顧客リストって江戸時代からあるものなんですね。

有名なエピソードがあるので少し紹介します。

 

江戸時代に1人の商人がいました。

その商人は、ある日火事が起きて店などが全て燃えてしまいそうになった時、

真っ先に顧客台帳を持って逃げた(正確には井戸に投げ込んだ)、という話です。

 

この話から分かるように、顧客リストはめちゃくちゃ大事です。

今からその理由を解説しますね。

 

顧客リストは何故大事なのか?

 

何故、江戸時代の商品が顧客台帳を一番大事にしていたか分かりますか?

あなたは火事が起きた時、現金や通帳を持って逃げようとしませんか?

 

結論を言うと、顧客リストさえあれば、いつでもまたビジネスができるし、

いつでも利益を上げることができるからです。

 

ネットビジネスの場合、もし仮に今収入が0になって何もかもなくなったとしても、

顧客リストさえあれば、いつでもそこにメールを送るなり、電話をするなりして、

ビジネスができるということです。

 

もしお金や通帳を優先させてしまって、顧客リストを失ってしまったら、

お金はありますけど、当たり前ですが使えば減るし無くなりますよね。

 

そしてお金を使い果たした時、さあビジネスをしてもう一度稼ごうと思っても、

また0から顧客を集めることから始めなければいけないのです。

 

でも顧客リストを持っていれば、

いつでも好きな時にビジネスができる

ということです。

 

どんなビジネスでも、新規顧客を集めるのが一番難しいし、コストもかかります。

なので、この顧客リストは何がなんでも守らなければいけないのです。

 

顧客リストを手に入れるとどうなるのか?

顧客リストを手に入れると、

メールを書くだけでお金が稼げます。

 

例えば僕は、1000人の顧客リストに対してメールを1通書いて、

1万円の商品を100人に売ったりしました。

 

もちろんそれまでの戦略などはちゃんと考えて、

メールの文章なども試行錯誤しながら書かなければいけませんが、

これくらいのことができるという参考になればと思います。

 

もちろん顧客リストが多ければ多いほど稼げる金額も

変わってきます。

 

先ほどの僕の例でいうと、仮に顧客リストが

1万人いた場合、メール1通で1000万稼ぐことができるのです。

 

メールを1通書くだけなので、顧客がどれだけ増えても

労力は変わらないというのも、ネットビジネスの魅力ですね。

 

稼いでいる人の仕組みはこうです

 

では、その顧客リストを使ってどういう仕組みで

稼いでいるのかを解説しますね。

 

ネットビジネスの場合の顧客リストは、

メールアドレスになることがほとんどです。

 

最近はLINEも流行ってきているようですが、

やはりまだメールアドレスも強いです。

 

では、どうするかというと、

まず、ブログやSNSでメールアドレスを登録してもらえるような

プレゼントを用意します。

 

「このプレゼントが欲しかったら、アドレスを入力してね」

という感じです。

 

例えばこんなもの見たことありませんか?

 

こういうページを作って、アドレスを入れてもらうのです。

そして、入力したアドレスに何をするかというと、

当然メールを送るわけですが、そのメールは全て自動で送ることができます。

 

どういうことかと言うと、ステップメールという

機能がついたメール配信システムを使うことで、上記の画像のように、

登録日にはこのメール、登録して2日目にはこのメール、、、

 

というように、あらかじめ送るメールを設定しておけば、

自動でそれが配信されるということです。

 

そして、何通かメールを送ってお客さんからの信頼を得たら、

商品をセールスするわけです。もちろんこれも自動で。

 

これのすごい所は、お客さんがメールアドレスを入力して、

商品が売れるまで全て自動だということです。

 

お客さんが勝手に検索してブログにきて、勝手にアドレスを入力して、

勝手にメールが配信されて、勝手に商品が売れる。

 

この仕組みが、ネットビジネスで稼いでいる人がやっていることです。

 

 

検索して来てもらえるなら、ブログで売ればいいじゃないか、

と思うかもしれませんが、それではダメです。

 

何故なら、それでは顧客リストが取れないからです。

仮にブログに来てもらって商品が売れたとしても、

その人は一回キリのお客さんで終わります。

 

今後あなたのブログにもう一度来てくれるかは分からないのです。

でも顧客リストをとっておけば、何度でもこちらからアプローチできるし、

何度でも商品を買ってもらうことができるわけです。

 

 

長くなりましたが、顧客リストの重要性、

ぜひ覚えておいてください。

 

では今回はこの辺で。