ネットビジネスで稼ぐためのたった1つの重要なスキルとは?

どうも、清水です。

 

今回は、ネットビジネスで稼ぐために

重要なスキルについて書いていこうと思います。

 

このスキルがなければ、ネットで稼ぐことは

できませんし、僕を含め、今ネットで

稼いでいる人たちは、みんなこのスキルを持っています。

 

では、そのスキルとは何か?

 

答えは、「コピーライティングスキル」です。

 

このコピーライティングがなぜ重要なのか、

そもそもコピーライティングとは

なんなのか、詳しく説明します。

 

 

コピーライティングとは?

コピーライティングとは、商品を売る

ための文章、もっと言えば、

「人の心を動かす文章」のことです。

 

これからあなたがどんなネットビジネスで

稼ごうと思っているかは分かりませんが、

ネットで稼ぐ上で絶対に必要となるのが、

このコピーライティングスキルです。

 

何故なら、あなたはこれから自分の力でお金を稼ぐ訳ですよね。

 

ということは、誰かにお金を払ってもらう、

あるいはなんらかのアクションを起こしてもう必要があります。

 

そこで重要になってくるのが、文章です。

最近は動画を使ったネットビジネスも

流行っているようですが、残念ながら動画だけでは物は売れません。

 

お客さんの心を動かす文章がそこにあることで、初めてお金が稼げるのです。

 

例えば、最近流行っているYouTubeなんか

でも、ちゃんとタイトルや概要欄とい文章がありますよね。

 

そして、そこに何か商品の紹介文だったり、

URLが貼ってあるわけです。

 

他にも、ネットショッピングなどをした

ことがあれば分かると思いますが、

商品写真の他に、必ず文章があると思います。

 

それほど、ネットで稼ぐには文章が大事になってくるのです。

 

なぜコピーライティングスキルがないと稼げないのか?

 

先ほども少し書きましたが、ネットビジネス

で稼ごうと思ったら、絶対にこの

コピーライティングは避けては通れません。

 

何故なら、ネットで何かを判断する時、そこにあるのは文章だからです。

 

先ほどのネットショッピングをまた例に

出しますと、商品詳細ページはほとんど文章ですよね?

 

つまり、いかに文章で相手の心を

動かせるか?商品を欲しいと

思ってもらえるかが重要なのです。

 

コピーライティングスキルがなければ、

どんなに綺麗な写真があっても、

分かりやすい動画を作っても、相手は動いてくれません。

 

そこに、相手が欲しいと思うような

文章があって、初めて物が売れたり、

何かのサービスに申し込んでくれたりするわけです。

 

それほど、コピーライティングスキルは重要です。

 

コピーライティングを学ぶとどう変わるのか?

コピーライティングを学ぶと、ネットで

自由自在にお金が稼げるようになります。

 

例えば僕の場合だと、メールを1通書く

だけで、1万円の商品を100本近く売ったり。

 

3万円の商品を1つのwebページを作る

だけで、1日で10人に売ったりしました。

 

これはコピーライティングを

学んだからできたことです。

 

もちろんここまでになるのに、

めちゃくちゃ勉強しました。

 

コピーライティングの本を読み漁ったり、

時には怪しげな商材も買って、ひたすら

勉強したので、こうして今お金が稼げているわけです。

 

文章は下手くそでもいい

 

矛盾しているように思うかもしれませんが、

文章は下手くそでもいいんです。

 

何故なら、最初にも書きましたように、

大事なのは「相手の心を動かす文章」です。

 

日本語が多少下手くそでも、誤字脱字が

あっても、自分の伝えたいことが

ちゃんと伝わって、相手にして

欲しい行動を起こしてもらえれば、それでいいのです。

 

作家のような素晴らしい文章を

書く必要は全くないのです。

 

むしろ、多少荒削りの方が、

相手に気持ちが伝わったりします。

 

 

例えば、

・「私があなた様に買っていただきたく思う商品は〇〇で、この商品は、、、」

・「僕のオススメする商品はこちらです!いつも使っていてとても役に立ってます!」

適当に書きましたが、どちらの方が心が動きますか?

 

おそらく後者だと思います。

 

上手い文章ではなく、

「相手の心を動かす文章」です。

よく覚えておいてください。

 

コピーライティングスキルを身につけるためには?

では、コピーライティングスキルを

身につけるためにはどうすればいいか

というと、当たり前ですが、勉強するしかありません。

 

本を買うなり、教材を買うなりして勉強しましょう。

 

ただ、そんなに難しい勉強をする必要はありませんので安心してください。

大学受験などに比べればはるかに楽です。

 

ポイントさえ押さえれば、誰でも簡単に

相手の心を動かす文章が書けるようになりますので。

 

例えば、書くときは誰か一人に向けて書き、

「〇〇な人」という表現は使わず、

「あなた」という単語を使うとか。

 

書くときは、自分が大切にしている人に

向けて書き、その人が読んでも

恥ずかしくない、むしろ自信を持って

読んであげられる文を書くとか。

 

などなど、そういったことについても、

今後詳しく書いていこうと思います。

 

 

では、今日はこの辺で。