ブログに書くネタがないのはあきらかに勉強不足です。

どうも、清水です。

 

今回はブログのネタについて。

よく書くネタがないっていう意見を聞きますが、

そういう場合は、あきらかに勉強不足です。

しっかりと勉強していて知識があれば、書くネタなんて

無限に出てくるはずですので。

 

では、どうやって勉強すればいいのか?

どんなことを勉強すればいいのか?

 

このあたりについて書いていきます。

 

本を最低3冊読む

 

まずは、あなたが書こうとしているブログのテーマに関する本を

最低3冊読みましょう。

 

意外とこれはやってない人が多いんですね。

 

本は体系化されたものが多いですので、

自分がその知識があるないに関わらず読んでおくと

いいです。

 

「え、こんな初歩的なことまで書いてあるの?」と思っても、

読者にとってはいい情報になったりするのです。

 

また、なぜ3冊読むかですが、これはそれぞれ違う著者の本を

3冊読むことが大事です。

 

著者が違っても、そこには共通する何かが見えてきたりします。

その共通する部分が、本質であり、

読者が一番知りたいことだったりするわけです。

 

なので、本を最低3冊は読んでみてください。

 

ちなみに僕も、ネットビジネスを始めたばかりの頃は、

ネットビジネス関係の本を買いあさって、毎日狂ったように

読んでいました。

 

そのおかげで、今は何も見なくてもある程度の記事は

書けるようになりました。

 

ネットで調べる

 

当たり前ですが、ネットで調べるということもやりましょう。

これは多分みんなやっているとは思います。

 

コツは、先ほどの本同様、同じようなテーマで

書いているブログを複数読むことです。

 

そこで、「こんなことも書いてあるのか」とか、

「自分だったらもっと分かりやすく書けるのに」

みたいな記事が見つかれば、それがネタになります。

 

また、これもやっている人は少ないかもしれませんが、

Yahoo!知恵袋などで検索するのも一つの手です。

 

Yahoo!知恵袋は、悩んでいる人が書き込むものですので、

そこでの書き込みをみて、それを解決するような記事を書くと、

需要が高まり、アクセスも集めやすくなります。

 

ぜひ試してみてください。

 

常にアンテナを立てる

 

最後に一番重要なことを言いますと、

常に脳のアンテナを立てるということです。

 

どういうことかというと、「何かネタになることはないかな」

と、常に考えて日々行動するということです。

 

そうすると、ふとした時にアイディアが浮かんでくるものです。

 

例えば、電車の吊り革広告とか、何気なく見ているテレビCMとか、

ネットの広告なんかもそうです。

 

そういったものをアンテナを立てた状態で見ていると、

「あれ、これってネタになるんじゃないかな?」と、

アイディアが浮かんできます。

 

そうしたらメモ帳やスマホにメモして、

実際に記事を書きます。

 

 

僕もこれを常に意識しているのですが、

意外と思わぬところでアイディアが浮かんできたりして、

面白いです。

 

特にお風呂に入っている時にアイディアが浮かぶことが多いので、

スマホを持ち込んで、お風呂でメモしてます笑。

 

 

まとめると、

・本を最低3冊読む

・ネットで調べる(Yahoo!知恵袋なども)

・常に脳のアンテナを立てておく

ということです。

 

ぜひ今日から意識してみてください。

 

では、今回はこの辺で。